2021年02月19日

魔法の留守電から30分もしないうちに

手始めに、警察を帰した
闇金の俺たちは?

債務者の建設系会社の若手社長社長である
旦那の携帯に魔法の留守電を入れさせた!(絶対、折り返しがかかってくる)

「●●です(奥さん)」

「これ以上連絡が着かないようなら、警察に捜索願いを出します。」


と。


すると?

魔法の留守電から30分もしないうちに折り返しの電話が掛かってきた!!

で、俺は?
奥さんの携帯を取り上げ、電話に出た!!

「あ、●●さん(旦那)、××(俺)ですけど!」

「今日予定日だったんだけど、どうなってます?」


債務者の建設系会社の若手社長社長

「あ、分かってます、分かってます!」

「今仕事だから、その後振り込みに行こうと思ってて!!」

「必ず振り込みますから、だから、一旦帰ってもらえませんか?」

と。

で、俺は即答した!!
「振り込み確認出来たら帰りますよ!!」

「今日、初めての予定日なのに遅れてるからさー!!俺ら(闇金)は?帰れないよ」

と。 ブログランキングに参加しているので。
「ポチっと応援をよろしく」

にほんブログ村

債務・借金 ブログランキングへ

スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188417154
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

スポンサーリンク